オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
組み上げポンプ

コストの算定

また土地開発においては、その土地を利用することによって、どれだけの利益が生じるかを算定することが重要になりますが、例えば工場や福祉施設など何らかの大きな施設を建設する場合、運営にあたって水を大量に利用することが想定されるのであれば、地下水を利用できるか否かがランニングコスト算定において大きく影響してきます。
地下水を利用した場合、濾過設備に投資コストがかかったとしても、公共水道料金よりはコストを抑えられる可能性が高いからです。

井戸掘り業者への依頼
以上のように、土地開発においては地下水の状況を見極めることが非常に重要になってきますが、その時に必要なのが井戸掘りです。
地下水の状況がどうなっているか、また出るのかどうかは実際に掘って確かめてみないと解らないことが多く、仮に出たとしても水脈の深度によってはその後のコストが大きく違ってくることも考えられるため、専門の井戸掘り業者に試掘を依頼する必要があります。
事例によっては、地下水が出なかったため計画を断念したケースや、その後の土地開発計画に大きな変更が生じたケースがあるので注意する必要があります。

土地開発

井戸とは

井戸掘りとは、地面に穴を掘って湧水のある地層まで達したところで、その水を汲み出し、利用するものです。
簡単な井戸掘りなら、鋼管を使用して簡易な打ち抜き井戸を、掘ることができます。
この打ち抜き井戸のメリットは、一に掘り出す土砂が少ないことです。
掘り出す土砂が多いと、土砂の廃棄に苦労します。
二に、簡単な道具で掘ることができます。
よく、海外で日本人の職人が井戸を掘る番組を見かけますが、材料を現地調達している、そのぐらいの材料です。

日本の井戸

土地開発とは

土地開発とは、開発されていない土地を宅地化することです。
開発されていない土地とは、山であったり、畑、田であったりするものです。
土地というのは、その利用される種類で使用の目的の用途が、記載されています。
記載されるのは、法務局の登記簿にです。
例えば、畑とか宅地とか、山とかが書かれています。
土地開発というのは、建物がたてられない状態のところを、実際の土地自体も宅地化し、その上で、地目も宅地或いは、少なくとも雑種地にすることです。

家と井戸

宅地化すること

不動産とは、土地とその土地の上の構築物のことです。
一般には、不動産は土地と建物です。
ここで、井戸掘りと土地開発と不動産から思うものは、宅地化することです。
またもし、水道のないところで土地開発するには、井戸がいります。
不動産としての価値は、水があるかないかでは違います。
水がなければ、宅地化出来ません。
もちろん、水は水質検査を受けて飲料することができることと、水量が十分あることが原則です。
排水は、浄化槽を設けて、汚水を浄化して側溝などに流せば良いのです。